更新情報



最新記事

子どもたちの気付きを「確かな認識」へとつなぐために

さとえ学園小学校 やまなかせんせい プロフィール画像

東京都大田区立久原小学校

小笠原さちえ 指導教諭

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、制限がある中で工夫しながら子どもたちの学びを確かにしていくことが求められ、各学校においては、それぞれ試行錯誤が続いていることと思います。

今回は、体験を通して得られた無自覚な気付きを自覚する、一つひとつの気付きを関連付けたり、関係付けたりするなど確かな認識へとつなぐための工夫について考えていきたいと思います。


授業や学級経営にすぐに活かせる「生き活きうぃーくる」


「生き活きうぃーくる」は、小学校の現場でご活躍の先生方によるリレー連載です。「うぃーくる」は、「Weekly(毎週更新)」と「私たちが集う(We 来る) 場」の二つの意味をもった造語です。

「育成すべき資質・能力にはたらきかける手立てとは?」「深い学びってどういうことだろう?」「子どもの『つぶやき』から見えてきた授業で本当に必要なこととは?」。トップランナーの先生方が、ご自身の実践からその答えに迫っていきます。

生活科の実践だけでなく……

・日常あるある(学校生活や学級経営に関する内容)
・他教科に関する内容
・給食の話なども…!?    

明日からの授業や学級経営などに活かせるヒントや手立てが満載です。